マルチトラックウィンドウ

「マルチトラックウィンドウ」について説明したいと思います。「表示」→「マルチトラックウィンドウ」を選択して、「マルチトラックウィンドウ」を表示してください。「マルチトラックウィンドウ」では選択したトラックのノートデータが表示されます。ここで、音の重なりを見たりします。あまりにも同じ音が集中しているのはよくありません。各パートがどれくらいの音域分布になっているか確認するのに使用するといいかと思います。また、コードの解析ボタンを用意しています。コードを弾いているトラックを選択します。ここでは「E.ピアノ」トラックを選択して、「コード解析」ボタンを押してみてください。下にコードが表示されるかと思います。これらのコードをダブルクリックしてみてください。構成音が表示されて手動でコードを解析出来るようになっています。

コード理論~セカンダリードミナント

今回は「セカンダリードミナント」の話をしたいと思います。「コードパターンの一覧」から「追加」ボタンを押下し、新規の「コード進行パターン」画面を開いておきます。「コード理論~4つのタイプのコード」で、「トニック」に行きたがる「ドミナント」コードのお話をしましたが、曲の途中で4度下の「ドミナントセブンスコード」を挿入する手法があります。「ドミナントセブンスコード」は4度上のコードに行きたくなるので、「ドミナントセブンスコード」を挿入すると一時的に曲が盛り上がって抑揚が出来ます。例えば「F」→「Am7」というコード進行があったとします。登録して視聴してみてください。次に、「Am7」を選択し、「セカンダリードミナントを挿入」ボタンを押下してみてください。「E7」が挿入されました。もう一度視聴すると盛り上がって聴こえませんか?
では、少し遊んでみましょう。キーを「G Major」にします。音符の長さを「3分音符」にして「G → C → D7 → Em7」と登録します。とてもオーソドックスなコード進行ですね。

次に「D7」を選択して「セカンダリードミナントを挿入」ボタンを押下します。さらに「Em7」を選択して「セカンダリードミナントを挿入」ボタンを押下します。このコード進行はなんの曲か分かりますか?

クリック
We Wish You a Merry Christmasです。

コード理論~裏コード

「セカンダリードミナントを挿入」ボタンの前に、「スタンダード」と「裏コード」と書いてあるコンボボックスがあるかと思います。この裏コードについてお話したいと思います。まず、「ドミナントセブンスコード」はなぜ「トニック」に行きたがるのかという説明をします。「G7」を例にあげると、ファとシはトライトーンと呼ばれる増四度、または減五度の音程です。この音程は不安定の為、ファはミにシはドに行くと落ち着いてすっきりするのです。では「ドミナントセブンスコード」の裏コードとは、増4度/減5度上の「ドミナントセブンスコード」になります。「G7」の裏コードは「D♭7」ですが、この「D♭7」はトライトーンであるファとシを含んでいるので代わりに使ってもいいですよという訳です。この裏コードを使うと「ドミナントセブンスコード」ほど抑揚あるコード進行ではなく、おしゃれでカフェっぽい感じになります。裏コードはボサノヴァでよく使われていたりします。

コード理論~TwoFive

今回はTowFiveです。TowFiveとは、「ドミナントセブンスコード」に4度下の「マイナーセブンスコード」を挿入するコード進行の事を言います。4度→4度→4度と上がっていくので滑らかな為、ポップスでよく使われています。「C」のコードを追加して、「TwoFive」を挿入してみましょう。さらに「TwoFive」にも裏コードを使う事ができ、(Towだけ裏コードとか、Fiveだけ裏コードとかもできます)色んなパターンでTwoFiveを 挿入することができます。「TwoFive挿入」のところに「マイナー」とあるかと思いますが、これは「Ⅱm7(♭5)」→「Ⅴ7」の進行で、長調から短調に転調するときなどに使われたりします。また「ドミナントセブンスコード」があった場合「TowFive」に分割することも出来ます。これにも裏コードが使えます。

コード理論~ディミニッシュ

ディミニッシュコードは、悲壮感漂うコードとして以前に紹介しましたが、次のコードの橋渡しとして使う事もできます。「G7」→「Am7」というコード進行を作成し、「Am7」を選択して「Diminishを挿入」を「下から」にして押下してみてください。より「G7」→「Am7」に向かっていくという感じがしてきましたね。次に「Em7」→「Dm7」というコード進行を作成し、「Diminishを挿入」を「上から」にして押下してみてください。滑らかな感じになると思います。「G7」→「Am7」というコード進行で、「Diminishを挿入」「セカンダリードミナントを挿入」さらに裏コードで「セカンダリードミナントを挿入」など色々試してみると面白いかもしれません。どれがいいかは曲の雰囲気と好みですね。同じメロディーラインでもコードによって雰囲気だいぶ変わると思います。

コード理論~コードのアレンジ①-代理コード

前回までの知識を踏まえたうえで、以前作成し「Kanon1」のコード進行にアレンジを加えてみましょう。ちょっとボサノヴァ風にアレンジにしたいと思います。新規に名前を「Kanon2-1」としてコードを作成します。キーは二長調で作成しているので、D Majorに変更します。音符の長さは全音符のままで、もう一度カノンのコード進行を入力してみましょう。「D → A7 → Bm7 → F#m7 → G → D → G → A7」テンポは130くらいにします。このコード進行を「Kanon2-1」で保存しておきましょう。最初のコード「D」を削除して「A7」が選択された状態で、「Tonic」から「G#m7(♭)5」を選択し、「挿入」ボタンを押します。最初のコードを代理コードにしてみました。このコード進行を「Kanon2-2」で保存します。

コード理論~ダイアトニックコード

カノンの最初のコードを「D」から「G#m7(♭)5」に変更しましたが、「G#m7(♭)5」は青色で表示されているかと思います。この、黒色と青色のコードに違いですが、黒色のコードは、そのスケールの音で構成されているコードになります。これをダイアトニックコードと呼びます。スケールの音というのは、ハ長調(C major)の場合、ドレミファソラシドになります。 例えば「Bm7」を追加し「コードの編集」ボタンを押してみてください。すべてスケール上の音で構成された和音です。青色で表示されているコードはスケール上に含まれない音を含むコードの事でノンダイアトニックコードと呼びます。何が違うかといえば、スケール上に含まれているダイアトニックコードの方が馴染みやすいコードであると考えればいいと思います。ノンダイアトニックコードは唐突に使うとちょっと違和感ある感じになってしまいやすいのですが、上手く使えば斬新なアクセントになるのかなと思います。そこで最初のコードは意表をついてノンダイアトニックコードの「G#m7(♭)5」にしてみました。