Synth1プリセット

フリー音源Synth1の膨大なプリセットを見つけました。まずSynth1をダウンロードする場合はこちらのページからダウンロードからできます。

解凍したら適当な場所に置いてMuLogicalで読み込めますが、(VSTの読込み方の詳しい説明はこちらです。)「Synth1 VST64.dll」というファイルを読み込むと落ちてしまうので、このファイルは別フォルダに移動してください。あと、使う前に「initsettings.exe」というファイルを実行します。

続いてプリセット音源です。こちらのページのHEREを押すとダウンロード出来ます。

ダウンロードしたファイルは解凍せずに「zipbank」というフォルダに入れます。この状態でMuLogicalから立ち上げると、(「VST、AUDIOエディットウィンドウ」の「インストゥルメント」ボタンを押して「Synth1.VST.dll」を選択します。その後Synth1.VST.dllをクリック)

Synth1が表示されました。さらに赤の所をクリックして、External → 16k-Synth1-Presets.zip と選択していくと山のようなプリセットが。

音をすべて聴くだけでもすごい数で選ぶのも大変です。このプリセットとMuLogicalで、無料でもかなりDTM出来るんじゃないでしょうか(^^

前回のブログに書いたNative InstrumentsやこのSynth1を用いて1から自分で音を作るのは難しいので、気になる音を少し編集して昔作った曲を再編集してみました。MuLogicalのページに載せています。しかし、プリセットを聴いていくのも疲れた。暫くはこれもういいかな^^;

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です